絵本の収納は“図書館方式”でいつまでも綺麗を維持しよう

悩むママのアイコン画像悩むママ

絵本がたくさんあるけど、子供でも取り出しやすく、片付けやすい収納ってないかしら…?

そんなお悩みを解決します。

私自身も、子供が3人いるため絵本はたくさん所有しています。その数なんと140冊

そこで我が家は図書館のように絵本をタグで管理・収納しています。

この方法だと、小さいお子さま2歳児からでも片付け出来ますので参考にしてくれると嬉しいです。

本記事の内容

・大量の絵本を綺麗に収納する方法
・子供でも取り出しやすく、片付けしやすい収納方法→図書館方式
・図書館方式収納のつくりかた

絵本がたくさんあるお家におすすめの収納方法とは

絵本の収納方法を検索すると、色んなアイデアがありますよね。

ラックや本棚を使ったり、カゴに収納する方法など。

でも絵本が多いと、子供は綺麗に片付けることが難しいのでごちゃごちゃになりがちです。

我が家のこどもの場合は、片付けの際取り出した場所ではなく、いつも本棚の右側に片付ける癖がありました。

片付けても本棚は毎日荒れてしまいます。

子供が取り出した場所に片付けが出来たら、綺麗は維持できるはずなんですよね。

そこで、試行錯誤した結果

図書館方式で絵本を収納することにしました

図書館方式ってどういう収納?

図書館方式とは、図書館のように背表紙にタグを貼り付けて絵本を管理することです。

タグで管理することによって、どこに片付けるのか分かりやすくなります。

文字や数字ではなく、色で仕分けることにより子供でも容易に片付けることができます。

絵本の図書館方式収納のつくりかた

作り方は至って簡単です。

まずは絵本の整理整頓から始めていきます。

我が家は無印良品のパルプボードボックスを使ってますが、カラーボックスでも良いですよ。

収納場所は作者別でもシリーズ別でも好きなようにしてOK

絵本の数が多いのでエンドブックを使用して、12箇所にゾーン分けしています。

収納する場所が決まったら、次にタグシールの貼り付け作業を行います。

準備するものはタグシールとセロハンテープのみ。

背表紙に好きなタグシールをぺたっと貼り付け。セロハンテープで補強します。

タグシールではなく、ふつうのシールやマスキングテープなど色んなアイテムで代用可能です

もちろんセロハンテープなしでも良いですが、タグシールのみだと剥がれてくる可能性が高いです。

貼り終えたら、収納したい場所にも同じ色のタグシールを貼ります。

子供と遊びながら一緒に作業しても楽しいですよ

絵本を仕分けた箇所すべて同様に行い完成です!

色で仕分けることによって、小さな子供でも片付けが出来るようになります。

色の名前は分からなくても、『同じ色の場所に片付ける』ことは2歳児でも可能ですよ。

そして、一箇所はフリースペース(シールなし)を作っておくのもポイントです。
我が家の場合は右下につくっています。

絵本が新しく入るたびにタグシール貼るのも面倒ですからね。

フリースペースがたまった頃に絵本の見直しをして、必要な絵本は収納場所を決めてタグシール貼り付けます。

まとめ

以上、絵本のおすすめの収納方法のご紹介でした。

この図書館方式で収納すると、2歳児でもどこに片付けるのか理解することができます。

子供に絵本を沢山読んでもらうためにも、取り出しやすく片付けやすい収納をつくっていきましょう。

応援ポチくださると励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

我が家の愛用品はこちらから

f:id:KANA_2019:20200426112543p:plain

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フルタイムで働きながらブログを書いています。Wordpress初心者にて、時間を見つけてはカスタマイズ中!子供3人の育児に追われながらも、日々シンプルライフを模索しています。TwitterやInstagramで気軽にお声かけてくださると嬉しいです。