水切りかごを使わない暮らし。代用アイテムを使ってみよう!

うさこのアイコン画像うさこ

水切りかごをなくして、キッチンをもっと広く使いたい!
でも自信がないな…やっぱり水切りかごって必要?

そんなお悩みを解決します。

結論から述べると、水切りかごはなくても大丈夫です。

実際に、5人暮らしでフルタイム勤務している私は水切りかごを使っていません。

水切りかごは使わないけど、それに代わるアイテムで工夫しています。

本記事の内容

・水切りかごを使わない暮らしとは?我が家のキッチン写真を使って説明。
・水切りかごの代用アイテム3つを紹介

読み終えたあとは、水切りかごをなくして他のアイテムでの代用が実践できますよ。

目次

水切りかごを使わない暮らしとは

水切りかごを使わずに代用のアイテムをおすすめするのには理由があります。

水切りかごのデメリットとして以下の2つが大きいと感じます。

水切りかごのデメリット

・スペースを取られる
・水切りかごのメンテナンスが面倒

水切りかごはサイズがあるし、常時置いておくとキッチンの作業スペースが狭くなりますよね。
メンテナンスも水垢に悩まされます。

でも水切りかごがなかったら不便です。

その不便を解消するために、我が家は代用のアイテムで工夫しています。

水切りかごを使わず、代用アイテムを使おう

実際の我が家のキッチンはこちら

必要な物しか置かないようにしています。水切りかごがないので、作業スペースも広いです。

調理時や、食器洗い時は代用アイテムを取り出しセッティング。

必要な時に、必要なアイテムを取り出せばキッチンを有効に使えます。

では、詳しくどんなアイテムを使っているか紹介していきますね。

折り畳み水切りラック 【山崎実業】

折り畳み水切りラックの良いとことは、シンクの上に広げて使うので、作業台は広いまま。

賃貸や作業台が狭いおうちにピッタリなアイテムです。

折り畳みが出来るので、使わないときは丸めて収納しています。

収納スペースも取らないので邪魔になりません。

今買うならシリコントレー付きが使いやすくておすすめです。
水筒や小物類の細かいパーツも落下しませんよ。

ポリ袋エコホルダー【山崎実業】

コップや水筒の乾燥に便利なアイテムはこちら

ポリ袋エコホルダーです

ポリ袋の名の通り、三角コーナーの代わりに使うことが可能です。

我が家は食器洗い後の乾燥に使っています。

このアイテムの良いところはゴミ袋を掛けたり、グラススタンドとしても使える多機能なところ。

使わないときは折りたたむとスリムになり、狭い場所にも収納が可能です

ジョージ ジェンセン ダマスク/エジプト ティータオル

フライパンや鍋、食後たくさんの洗い物をするときはティータオルを使用します。

このアイテムがほかのティータオルと違って良いところは、とにかく厚手で食器を洗った後もびしょびしょにならないこと。

そしてサイズが大きいので、洗い物の量によってサイズを調整できるところです。

洗い物が少ないときは、ティータオルを4つ折りに使ったりと思いのまま。

私は2年半愛用していますが、今後もずっと愛用していきたいと思うほど使い勝手が良いです。

このティータオルを取り扱うSCOPEの記事に良い言葉がありました。

どうだろ?と思っても

試して損する事はない

SCOPE より引用

間違いないです。我が家にはこの方法は合わなかった!と思ってもティータオルだから本来のタオルとしての役目を果たすことは可能です。損することはありません。

わたしも最初は不安で1枚だけお試しで購入したんですが、あまりの良さに衝撃を受けて追加で買い足しました。

まずは行動してみないと生活に変化は起きません

まとめ

以上、水切りかごは使わない暮らしを写真を用いて説明しました。

今でこそ水切りかごは使わないと述べてますが、以前は水切りかごを捨てたあとにまた使いたくなり、買いなおしたことがあります。
ライフスタイルの変化で、水切りかごの有無も変化しますね。

水切りかごを使いたくないな…と思うのならば行動してみましょう。試して損することはないです。

今回ご紹介した代用アイテムを使えば、キッチンは広々と使えすっきりしますよ。

応援ポチくださると励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

我が家の愛用品はこちらから

f:id:KANA_2019:20200426112543p:plain

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フルタイムで働きながらブログを書いています。Wordpress初心者にて、時間を見つけてはカスタマイズ中!子供3人の育児に追われながらも、日々シンプルライフを模索しています。TwitterやInstagramで気軽にお声かけてくださると嬉しいです。

目次
閉じる