マネーフォワードMEの連携方法をどこよりも詳しく解説します

KANA

マネーフォワードMEって金融機関と連携するアプリなんでしょう。
でも連携って難しそう。時間もかかるなら面倒だしやりたくないな…

そんなお悩みを解決します。

マネーフォワードMEは家計簿アプリのなかでも人気ですが、魅力はなんといっても金融機関と連携することでお金が見える化ができるところ。

でも金融機関の連携方法って難しいイメージがありますよね。

そこで今回は

・マネーフォワードMEの金融機関の連携方法
・マネーフォワードME連携後の自動更新について
・マネーフォワードMEの無料とプレミアム会員の連携数の違い

についてどこよりも詳しく説明します。

この記事は、実際にマネーフォワードMEを3年以上利用している私が、
連携方法について画像を用いて説明しているので誰でも実践することが可能です。

所要時間は3分程で連携は完了できます。

記事を読むと、金融機関との連携方法について詳しく理解することができて、あなたも実践することができますよ。

目次

マネーフォワードMEの連携方法

マネーフォワードMEの連携方法について説明します。

連携できる金融機関はこちらを参照してください。

まだイントールしていない人は下記からどうぞ

連携できる金融機関か確認したところで次に進みます。

STEP
ホーム画面から右下の口座をクリック
STEP
右上の追加をクリック
STEP
連携項目一覧で連携したい銀行やカードを入力
STEP
銀行をクリック
STEP
連携したい銀行をクリック
STEP
楽天銀行と連携する
STEP
ユーザーIDとパスワードを入力する
STEP
入力後、この画面に切り替わるのでログインをクリック
STEP
支店名・口座番号を入力
STEP
連携完了すると、口座に表示されます

以上で連携は完了です。3分あれば出来るのでぜひ参考にしてくださいね。

注意点として、今回は楽天銀行の実例でしたが銀行によって登録方法は少し異なります。

例えば岩手銀行だと、先に岩手銀行でネットバンキングのログインが必要になります。

広島銀行だとキャッシュカードでも連携が可能です。

山口銀行だとネットバンキングかキャッシュカードか選ぶことができます。

連携をしたい人は一度ログインしてみてくださいね。

マネーフォワードMEで連携した後は自動で更新してくれる?

更新してくれますよ!

不定期ですが更新してくれます。

最新の情報が知りたい場合は銀行口座をクリック

下部分のメニューをクリックして、最終取得日をチェック

更新したければ左の矢印をクリック

更新中はこのように表示があります

しばらくして再度確認すると、最新日時の取得日になり更新していることが確認できますよ。

無料会員は一括で更新できません。
知りたい口座をひとつずつ上記のようにクリックしてね

一括で更新したいなら有料版がおすすめです。

有料版と無料版の違いについてはこちらで詳しく説明しています。

マネーフォワードMEの連携数の違いはある?【無料とプレミアム会員を比較】

違いはありますので、参考にしてください

出典:マネーフォワードME公式サイト
悩むママ

無料だと連携が10件までって少ないよね?全部連携したら10件超えちゃう…

こんな人も多いかと思いますが、すべてを連携する必要はないと思っています。

私も実際2年半無料会員でしたが、主要な銀行やカードを厳選して連携していました。

やみくもに全て連携しようとは思わないように!
そのためにはカードや銀行もシンプルにしよう

マネーフォワードMEの連携方法を使い、お金の流れを確認しよう

以上、連携方法について解説しました。

今持っているすべての銀行やカードを連携しようと考えると面倒だと思います。

まずは主要のクレジットカードを決める。

次に引き落としの銀行を分散させず絞る。

それだけでシンプルになりますよ。

マネーフォワードMEの連携を上手に利用して、お金の流れを確認していきましょう。

\ 今年こそは家計管理がんばろ! /

クレジットカードは苦手なので私はデビットカードを愛用しています

マネーフォワードMEを詳しくしたい人はこの記事を参考にしてください

応援ポチくださると励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

我が家の愛用品はこちらから

f:id:KANA_2019:20200426112543p:plain

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フルタイムで働きながらブログを書いています。Wordpress初心者にて、時間を見つけてはカスタマイズ中!子供3人の育児に追われながらも、日々シンプルライフを模索しています。TwitterやInstagramで気軽にお声かけてくださると嬉しいです。

目次
閉じる